『ナミヤ雑貨店の奇蹟』&『あさひなぐ』、男女アイドル映画が初登場ワンツー!

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』&『あさひなぐ』、男女アイドル映画が初登場ワンツー!

9月23・24日の映画動員ランキングは、動員16万8000人、興収2億1000万円で『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が初登場1位を獲得。Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務めた本作は、世界累計900万部を突破している東野圭吾の同名小説が原作。共演に西田敏行、尾野真千子、林遣都らが名を連ね、公開初日の舞台挨拶は全国120劇場に生中継され、各地で盛り上がりを見せた。


2位にランクインしたのは、人気アイドルグループ・乃木坂46のメンバーが主演する『あさひなぐ』。土日2日間で動員9万4000人、興収1億2600万円をあげた。映画初出演で初主演を務めた西野七瀬をはじめ、白石麻衣、生田絵梨花らが美の武道と言われる“なぎなた”に打ち込む女子高生を熱演。ビッグコミックスピリッツで連載中の原作マンガのファンだけでなく、乃木坂ファンの学生たちで劇場は盛況となったようだ。


ほか新作では、8位に、沼田まほかるの同名ミステリー小説を実写映画化した『ユリゴコロ』がランクイン。主演の吉高由里子が自身初の殺人鬼役に挑んでおり、松坂桃李、松山ケンイチら脇を固めている。監督は、実写版『心が叫びたがってるんだ。』の熊澤尚人。


洋画新作では『96時間』『ワイルド・スピード』シリーズの製作陣が再集結したクライム・アクション『スクランブル』がランクイン。巨匠クリント・イーストウッドの息子で俳優のスコット・イーストウッドや、『ブレードランナー2049』(10月27日公開)でヒロイン役に抜擢されたアナ・デ・アルマスらが出演している。


なお、既存作品では3位の『ダンケルク』が累計興収12億円を突破。先週1位だった『エイリアン:コヴェナント』は5位に後退している。季節が変わり、夏の大作映画もほとんどが圏外に。見逃し作品がある人は早めにチェックし、秋映画の到来に備えよう。【トライワークス】