及川光博、井上真央の“相棒”に 「昔取ったきね柄で」 ドラマ「明日の約束」制作発表会見1

及川光博、井上真央の“相棒”に 「昔取ったきね柄で」 ドラマ「明日の約束」制作発表会見1
 俳優で歌手の及川光博さんが10月11日、東京都内で行われた10月スタートの連続ドラマ「明日の約束」(関西テレビ・フジテレビ系)の制作発表会見に主演の井上真央さんらとともに登場した。ドラマは学校が舞台で、井上さん演じるスクールカウンセラー・藍沢日向の最大の理解者となる数学教師・霧島直樹を演じる及川さんは「生徒と向き合い、謎の死と向き合う真央ちゃん演じる日向の相棒役というところでしょうか。昔取ったきね柄ではありますが、“相棒”役には慣れているので、しっかりとサポートしていきたいと思います」と以前出演していたドラマ「相棒」シリーズを引き合いに出して、笑いを誘った。

 さらに、及川さんは「昨日から真央ちゃんの顔が何かに似ていると思っていたのですが、今日その疑問が晴れました。真央ちゃんの顔って、鉄腕アトムに似ている」と言い、井上さんは「うれしいです……」と苦笑していた。会見には、共演の工藤阿須加さん、白洲迅さん、新川優愛さん、佐久間由衣さん、青柳翔さん、羽場裕一さん、手塚理美さん、仲間由紀恵さんも出席した。

 「明日の約束」は、連続ドラマ「ガリレオ」「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」などの脚本を手がけた古家和尚さんのオリジナルミステリー。物語は、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアをするスクールカウンセラーの藍沢日向(井上さん)は、不登校だった男子生徒から「先生のことが好きです」と告白されるが、その翌日、男子生徒が不可解な死に方をする。原因究明に動く日向は、男子生徒が自分と同じく母親から過干渉されていたことや非行、不穏な交友関係、陰湿ないじめに遭っていたことなどを知る……という展開。10月17日から毎週火曜午後9時に放送。初回は20分拡大。