「世にも奇妙な物語」衝撃作の続編誕生 フジ久慈暁子アナが主演

「世にも奇妙な物語」衝撃作の続編誕生 フジ久慈暁子アナが主演【久慈暁子/モデルプレス=10月13日】フジテレビアナウンサーの久慈暁子が、14日に放送される「世にも奇妙な物語’17秋の特別編」(よる9時)に出演することがわかった。

2015年秋、絶対に検索してはいけない言葉「ががばば」が話題になり、「世にも奇妙な物語」では、その反響を受けて「世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~傑作復活編・映画監督編~」で短編作品『ががばば』を放送。



そして、今回「17秋の特別編」にて、『ががばば』の続きとなるエピソードとして『ががばば新章』を前後編2本で送る。



◆前作に出演していた久慈暁子アナ



久慈アナは、前作の『ががばば』に、消えてしまった女子高生の2人のうちの1人、外村沙織として出演。『ががばば新章』では本人“久慈暁子”役として主演を務める。



◆久慈暁子アナと同一人物?<ストーリー>



2年前に“ががばば”という言葉を検索した後、行方不明になっている外村沙織のことを久慈暁子アナに聞くべくフジテレビを訪れた男。というのも、沙織と久慈アナが瓜二つだから。しかし、男に尋ねられた久慈アナは「やめてください!」と逃げてしまった。



男は取り押さえようとする警備員を押しのけ、待っていたハイエースに乗り込む。そこには、沙織の友だちだったエリと多香子、そして刑事が待っていた。久慈の正体は外村沙織なのか?それとも他人のそら似なのか?もしも久慈が沙織だとしたら、名前を変えてフジテレビアナウンサーとなったその目的とは…?(modelpress編集部)



■久慈暁子アナ コメント



Q:前作にも出演していた「ががばば」の新章に本人役で出演しますが感想は?



2年前に女子高生役で出演していましたが、まさかまた“ががばば”に携われるとは思っていませんでした。大変光栄に思います。顔合わせをした時、スタッフさんもキャストの皆さんも2年前と全く同じ方ばかりでまた同じチームでお仕事ができることがうれしかったです。



Q:撮影を終えた感想は?



前回もスモークの中に入っての撮影をしたのですが、2年経ってスモークの技術が進んでいるんだなと感じました。昔病院だった場所での撮影は真っ暗な中にリアルな手術室などがあり、異様な現場でした。怖いものや場所が苦手なのですが、スタッフさんともキャストさんとも笑いの絶えない現場になりました。



Q:作品の見どころは?



2年前の“ががばば”の女子高生・外村沙織が私(久慈暁子)と同一人物!?想像を超えるエンディングにご期待ください!



Q:視聴者の皆さんに一言メッセージを。



2年前に“ががばば”を見ていただいた方にも見たことがない方にも楽しんでいただける内容になっています。ぜひご覧ください!

【Not Sponsored 記事】