新垣結衣&瑛太、映画『ミックス。』公開日発売の卓球専門誌「卓球王国」表紙に登場!

新垣結衣&瑛太、映画『ミックス。』公開日発売の卓球専門誌「卓球王国」表紙に登場! 新垣結衣と瑛太がW主演を務めた、卓球を題材にしたラブストーリー映画『ミックス。』。10月21日から公開になるが、同日21日に発売される卓球専門誌「卓球王国」12月号で、2人が表紙を飾ることが明らかになった。同誌でスポーツ選手以外が表紙を飾るのは、1997年の創刊20年以来、初めてだという。
 本作は、かつての“天才卓球少女”として将来を嘱望されたものの、恋と仕事に敗れた多満子(新垣)が、妻と娘に見捨てられた元プロボクサーの萩原(瑛太)と卓球のミックスペアを組んで、全日本選手権出場を目指すラブコメディ。キャストには、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、蒼井優らも名を連ねている。



 卓球を題材にした本作には、劇中「卓球王国」が登場したり、「卓球王国」がマスコミ向けプレスシート用の「用語解説」部分に協力したりと、何かと縁が深い。同誌は、数ある卓球専門誌の中で唯一書店で販売されており、No.1の発行部数を誇る。これまでも3号にわたって『ミックス。』を取り上げてきた「卓球王国」だが、10月21日発売の12月号の表紙には、いよいよ新垣と瑛太が登場する。



 気になる同誌の内容は、新垣と瑛太が、よりディープな卓球シーンでの演技について語るインタビューや、劇中で卓球指導を行った川口陽陽の監修による「ミックスダブルス」の攻略法、題して「ミックスダブルス勝ち方の肝」という特集も掲載。川口は「映画『ミックス。』は誰が見ても感動と爽快感がミックスしていて思わず『いいね!』と言いたくなる作品です。10月21日『卓球王国』を片手に劇場にたくさんの方が足を運んでいただけたら嬉しいですね」とコメントしている。



 映画『ミックス。』は、10月21日より全国公開。