ドラマ「コウノドリ2」今夜から。ろうあ者もキャリアウーマンも母になってからが大変、この日本では

ドラマ「コウノドリ2」今夜から。ろうあ者もキャリアウーマンも母になってからが大変、この日本では「出産は、奇跡だ」

「だけど、奇跡のあとには、現実が続いている」




今夜、10月13日(金)よる10時からスタートする金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS系列)。2015年10月期に放送された同名ドラマの続編だ。

新しいテーマとして「生まれ、そして生きること」を掲げ、産婦人科を舞台に医療従事者と患者の関わり、そして命との関わり方を描く。



原作は、雑誌「モーニング」(講談社)で連載中の同名漫画。漫画家・鈴ノ木ユウが描くヒューマン医療漫画だが、男性に馴染みのない産婦人科を舞台にしているにも関わらず、男性誌で人気を博している。



描かれる医療従事者たちの内面と過去



前作では、ひとりひとりの患者をフィーチャーしていたが、今作では患者とともに医療従事者たちの内面、過去についても明かされていく。



ドラマの主人公である産婦人科医・鴻鳥(こうのとり)サクラを演じるのは、前シリーズに引き続き綾野剛。愛情や優しさを最も大切にしているサクラだが、今作では「怒り」の感情も表現していくことになるようだ。

前シリーズが終わった3~4ヶ月後には、綾野のもとに続編出演の依頼が来ていた。それから1年以上の間、綾野の中で『コウノドリ』が生き続けていたという。舞台挨拶でも、かなりの思い入れが伝わる発言が多かった。熱量を感じさせる演技が楽しみだ。



サクラと同期入局の産婦人科医・四宮春樹を演じる星野源は「四宮の気持ちの表現の変化を見てほしい」と話していた。

合理性を重視し、笑顔を見せないキャラクターである四宮は、前作で重度の脳性麻痺で寝たきりとなったこどもを看取った。それを機に憑き物が落ちた四宮が、今作では思い悩むサクラに寄り添っていくことも増えるという。



前シリーズでは、まだ研修医だった下屋加江役の松岡茉優と、白川領役の坂口健太郎。2人はそれぞれ産婦人科と新生児科の専門医として、サクラとともにペルソナ総合医療センターで働いている。

そこへ新しく研修医として入ってくるのが、赤西吾郎宮沢氷魚)。赤西は、親が産婦人科医で同じ道に進むことに抵抗を感じている。四宮に「ジュニア」と呼ばれる赤西だが、演じる宮沢自身も元THE BOOMのボーカリスト宮沢和史の息子。同じ「ジュニア」という立場を、演技初挑戦の宮沢がどう解釈していくのか。



他にも、助産師長・小松留美子吉田羊)、周産期医療センターのセンター長・今林貴之大森南朋)のキャリアや内面的な部分も描かれていく予定だ。



2015年の時点では、まだ「若手俳優」色も強かった俳優たち。しかし、2年の歳月を経てすっかり「豪華俳優陣」の顔ぶれになっている。星野や吉田が「役者の成長した姿にも注目してほしい」と話していた。

医療従事者のパーソナルな部分が描かれ、それぞれの感情が表れるシーンも増える。演技力を育てて帰ってきた俳優たちの、若手俳優を引っ張りながらの演技合戦が見どころだ。



綾野「今の日本で起こっている問題を受け止めて」





シーズン2の第1話に登場するのは、2組の夫婦。

佐野彩加高橋メアリージュン)と康孝ナオト・インティライミ)は、どちらも仕事に邁進してきたカップルだ。子育てを「手伝う」という意識の康孝。彩加は、産後いつ仕事に復帰できるかを気にしすぎて四宮にたしなめられるほど、キャリアのストップに焦る。

もう1組は、早見マナ志田未来)と健治泉澤祐希)夫婦。2人は生まれつきのろうあ者で、耳がまったく聞こえない。不安も多いが、メディカルソーシャルワーカーの向井祥子江口のりこ)らの力を借りながら出産に臨もうとしていた。



前シーズンでは、退院する患者たちを見送ってストーリーが終わることが多かった。

しかし、登場するキャリアウーマンの彩加と、ろうあ者のマナ。今の日本で、2人にはどんな未来が待っているのだろう。母親たちの背景を聞くだけで「大変なのはこれから(=退院以降)」ということが、ゾッとするほど想像できてしまう。



産婦人科医は「おめでとう」と言ってあげられる医者だとサクラは言っていた。ただ、どんなに患者が心配でも、現実の生活にまでは立ち会ってあげることはできない。

医療従事者について知らないと、何でもできるすごい人だと我々患者はつい錯覚してしまう。でも、医療従事者たちは「できること」「してあげたいこと」「できないこと」の中で揺れ、悔しさを重ねている。「医者は神ではなく、人間」と、綾野も話していた。



原作に忠実で、現場への取材も丁寧な『コウノドリ』のリアルな描写は、多くの視聴者に感動を与えてくれた。そのリアリティが、出産以降の「現実の生活」にまで及ぶことで、我々に前作以上に鋭く突き刺さってくるだろう。

舞台挨拶で、綾野が「今の日本で起こっている問題も含め、みなさまに受け止めていただけたら幸い」と語りかけてくれた。突き刺される痛みを覚悟して、大切に作られた『コウノドリ』をしっかりと受け止めてみたい。



(むらたえりか)



金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS系列)

2017年10月13日(金)よる10時スタート ※初回15分拡大

出演:綾野剛、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、宮沢氷魚、松本若菜、星野源、大森南朋、ほか

原作:鈴ノ木ユウ『コウノドリ』(講談社「モーニング」連載)

脚本:坪田文、矢島弘一、吉田康弘

企画:鈴木早苗

プロデューサー:那須田淳、峠田浩

演出:土井裕泰、山本剛義、加藤尚樹

ピアノテーマ・監修・音楽:清塚信也

音楽:木村秀彬

主題歌:Uru「奇蹟」(ソニー・ミュージックレーベルズ)



シーズン1は、TBSオンデマンドやAmazonビデオで配信中だ。

キャストが登壇した舞台挨拶のレポートは、こちら

(むらたえりか)