カカ 減額オファー却下で退団

カカ 減額オファー却下で退団

ブラジル人のベテランMFカカが12日(木)にMLSのオーランドシティからの引退を表明した。



ACミランを経てメジャーリーグサッカー(MLS)のオーランドシティへ加入したカカは同クラブで3シーズン目を迎える現在、730万ドル(約8億2,000万円)というMLSで最高額の年俸を稼いでいる。



契約更新にあたり、オーランドシティの幹部はカカに現在よりも大幅に低い年俸を提示していたが、結果、カカはこのオファーを退けた。



オーランドシティでのカカの戦歴は計74試合中24ゴール22アシストとなっている。



今シーズンは計22試合中6ゴール5アシストを実現しているが、これまで患った負傷がカカの体を蝕んでおり、攻撃力と得点力にダメージを与えている。



カカは2002年のワールドカップブラジル大会や、2005年と2009年のコンフェデレーションズカップでの優勝の他、シーズン2006-07にはUEFA年間最優秀選手(UEFAチャンピオンズリーグMVP)を獲得している。



カカのホームスタジアムでの最後の試合は15日(日)のコロンバス・クルー戦となっている。

一方で、シーズン最後の試合は10月22日のアウェーの対ユニオン・フィラデルフィア戦だ。