鳥取、DF片岡洋介の現役引退を発表…大宮、京都でプレーの35歳

鳥取、DF片岡洋介の現役引退を発表…大宮、京都でプレーの35歳 ガイナーレ鳥取は12日、DF片岡洋介が今季限りで現役を引退すると発表した。



 片岡は1982年生まれの35歳。国士舘大学出身で、2005年に大宮アルディージャへ加入した。2010年には京都サンガF.C.へ移籍し、2011年からは再び大宮でプレー。2016年に鳥取でプレーし、今季は明治安田生命J3リーグで4試合に出場している。



 キャリア通算では、明治安田生命J1リーグで191試合出場3ゴール、J2で16試合出場1ゴール、J3で28試合出場1ゴールを記録している片岡。プロ入り13シーズン目で、現役を引退する決断を下した。



 現役引退発表にあたり、片岡は以下のようにコメントしている。



「この度13年間続けてきましたサッカー選手を引退することに決めました。たくさんの人に支えられてこの歳まで選手でいれたことを本当に嬉しく思います」



「大宮アルディージャ、京都サンガF.C.、ガイナーレ鳥取と3クラブでプレーしてきましたが、今まで自分を支え応援してくれたファン・サポーターのみなさん、監督、チーム関係者、スポンサー、そしてチームメイトに本当に感謝しています!今振り返ると栄光より挫折、喜びより悔しさの方が多いサッカー人生でしたが本当に幸せな夢のような時間を過ごせることができました!本当にありがとうございました!」



「残り1カ月半、悔いなくやり切るので引き続き応援よろしくお願いします!」