「身体100点・顔0点」野々宮ミカ、テレビで汚部屋発覚も...SNSでは満点ボディを猛アピール!

「身体100点・顔0点」野々宮ミカ、テレビで汚部屋発覚も...SNSでは満点ボディを猛アピール!

 「身体100点、顔0点、グラビア界の50点」というユニークなキャッチフレーズで注目を集めるグラビアアイドルの野々宮ミカ(25)。昨年2月に「田所ミカ」から改名した彼女が、お茶目なキャラクターと満点ボディを武器に人気を高めている。



 野々宮は12日放送の『得する人損する人』(日本テレビ系)に出演。さまざまな情報を「得か損か」のシンプルな目線で紹介する番組で、流行りの家事代行サービスを検証する企画に参加した。実は野々宮はゴミ屋敷の住人で、プロの手を借りて部屋を片付けることになったのだ。



 野々宮が住んでいるのは1Kのマンションで、玄関のドアを開けるといきなりゴミがびっしり。部屋には収納スペースもあるが、至るところに服が散乱していた。まさに足の踏み場もない状態だが、野々宮は座椅子を拠点に快適に暮らしているという。ズボラな人の多くがそうであるように、彼女も座ったまま手が届く範囲に化粧道具やリモコンといった日用品を置いていた。



 衝撃的だったのは、シーツの黄色い染み。本人は「汗かな?」と笑っていたが、たとえ汗だとしてもかなり不衛生で、これを発見した後藤輝基(43)も絶句する。5年以上もシーツを洗っていないそうで、長い年月をかけて"何か"が染みついてしまったようだ。



 しかし、基本的にはゴミが散乱しているだけで、家事代行サービスで掃除を頼むと2時間ほどでキレイな部屋に。それを見た野々宮は驚きながらも笑顔になり、「ゴミはちゃんとゴミ箱に捨てる」と改心するのだった。



 とんでもない汚部屋というわけではなかったものの、なかなかインパクトのある私生活を垣間見せた野々宮。イメージが大切なタレントにとって、マイナスに映りかねない姿をさらけ出すのは勇気のいることだっただろう。その甲斐もあって、ネット上の視聴者からは「初めて見たけど、普通に美人」「部屋は汚いけど可愛いから許す」「なんか憎めない」などと好意的な声があり、知名度のアップにつながったようだ。



 このチャンスを見逃すまいと思ったのか、野々宮は番組終了後にTwitterを更新。改めて、「身体100点顔0点グラビア界の50点 野々宮ミカです。1992/08/13 25歳です!破天荒グラドルです」と自己紹介し、「フォローやリツイートして頂けると嬉しいです!」と呼びかけた。



 これと同時に、ヒョウ柄のビキニを身につけた自撮りや露出度の高い衣装のグラビアなど、カタチの良い胸と透き通るような素肌が目を引く写真を複数アップ。汚部屋に住むアイドルとして注目されながらも、SNSでしっかりビジュアルをアピールするあたり、転んでもただでは起きないタイプと言えそうだ。

(文=愉快)