土屋太鳳の受賞に「場違い」「ないわ~」!? 細い・長いの“痩せ”基準に縛られた美脚概念をぶち壊す、超健康的美脚

土屋太鳳の受賞に「場違い」「ないわ~」!? 細い・長いの“痩せ”基準に縛られた美脚概念をぶち壊す、超健康的美脚

 美脚の女性有名人を表彰する「第15回クラリーノ美脚大賞2017」が10月12日に行われ、ティーン部門で平祐奈(18)、20代部門で土屋太鳳(22)、30代部門でシャーロット・ケイト・フォックス(32)、40代以上のオーバーフォーティー部門で観月ありさ(40)が賞を受賞した。

 しかしこれに対して、平と土屋に疑問の声がネット上で続出。特に土屋には「短いし太いしありえないんだけど」「太鳳ちゃんはないわ~。足太いってかまず短い」「土屋のふくらはぎとか太すぎてびっくりした記憶あるんだけど」「どう考えても『美脚』ではない。他にもっといたでしょ」といった声が。

 さらに中には、あまりにも叩かれているため「あえてこうやって吊るし上げて叩かせようとしてるの?」「もはや土屋太鳳が可哀想。場違いすぎるもん」「事務所のゴリ推しのせいで何も悪いことしていないのに叩かれて可哀想」と同情の声まで出ている。

 これまでの同賞では、かなり痩せ型の女性たちに賞を与えてきた。20代部門で受賞してきたのは釈由美子(39)、相沢紗世(39)、佐藤江梨子(35)、ほしのあき(40)、田丸麻紀(39)、広末涼子(37)、長澤まさみ(30)、黒木メイサ(29)、石原さとみ(30)、上戸彩(32)、栗山千明(33)、武井咲(23)、すみれ(27)、菜々緒(28)と、非常に痩せて華奢なタイプや高身長でプロポーションが抜群な女性たちばかり。この中で身長が160cmを切っているのは石原さとみしかおらず、土屋はその石原よりも身長がさらに2cm低い155cmだ。

 この傾向を見ると、土屋が異質な存在であることは否定できない。ただ逆に言うと、これまで芸能界では土屋のようなタイプがいなかっただけとも捉えられる。



 幼少期からバリバリのスポーツ少女として育ってきた土屋。小学校では陸上クラブ、中学校ではバスケ部に入り、創作ダンス部に所属していた高校時代は腹筋が割れていたとも言われている。現在も日本女子体育大学に通っていて、日常的に筋トレを行っているらしい。走りこみは毎日の日課だという。

 そのため、土屋の脚は前述した女優陣のようなスラリと滑らかな脚ではなく、アスリートのようにガッチリと筋肉が付いたたくましい仕上がりである。しかし今回の賞で、そんな健康的な脚が評価された意義は大きい。

 土屋は授賞式のスピーチで「私の脚ってすごく筋肉質で、本当に美しいという言葉とは遠いと思っていたので、だったら強くなろうと自分なりに鍛えてやってきました。こんな場所に立たせてもらえていることが不思議です」と心境を語っていた。

 細い、長いだけが美の基準とされてきた今までの風潮に風穴を空けた土屋の健康的美脚。美の基準を“痩せ”の一辺倒から脱却させる存在として、土屋がこれからも評価されていくことを期待したい。

(ボンゾ)