卒業間近の渡辺麻友、裏の顔はワガママ放題!? 愚痴、不機嫌モード、潔癖症…「そして爆発」

卒業間近の渡辺麻友、裏の顔はワガママ放題!?  愚痴、不機嫌モード、潔癖症…「そして爆発」

 まゆゆの愛称で親しまれ、AKB48からの卒業をすでに発表している渡辺麻友。王道アイドルを貫き通した彼女にも、当然ながら裏の顔があるという。



「渡辺麻友は、初対面のスタッフを異常に警戒することでおなじみです。顔見知りでないスタッフに『まゆゆ』と呼ばれると、楽屋裏でマネージャーに対して愚痴を言うという噂も。また、潔癖症な面も有名で、撮影場所が汚いとあからさまに不機嫌モードになってしまうとか。特に、野外での撮影では自分の姿を一般人に撮影されることを極端に嫌がるので、直ぐにロケバスに逃げ込めるように動線を作っておかないと大変だと聞きます」(週刊誌記者談)



 王道アイドルならば、撮影裏でもしっかりとアイドルをしていると思っていたファンには残念なエピソードだが、そもそも彼女はすでに自分の中ではアイドルをとっくに卒業していたという。



「本人は、アイドルではなく女優業路線へとすでに気持ちを切り替えているようです。プライベートで仲の良い指原莉乃が、自分とは真逆のバラエティタレントとしてアイドルの頂点を極めたのを目の当たりにし、アイドルとして成功することは数年前から諦めていたようです。ただ、女優としてもなかなかうまくいかず、ドラマで主役を任されることも何度かあったのですがことごとく失敗している。そういった中で、『AKB48のまゆゆ』でいる事がどんどんストレスに変わっていったようです」(週刊誌記者談)



 その感情が爆発したのが、今年行われた総選挙だったという。



「渡辺は卒業発表を決めていたので、天気が大荒れだった沖縄でもいつになく上機嫌だったようです。ただ、自分の卒業発表の前にNMB48須藤凜々花が結婚発表をして全てが台無しとなり、舞台裏で渡辺が激怒するという事件があったといいます。



 結局は、AKSの幹部が事を収めたようですが、その後行われた沖縄での撮影では、NMB48のメンバーと渡辺麻友を近づかせないように厳戒態勢がしかれていたという話があります」(スポーツ新聞記者談)



 そんな荒れているまゆゆ、アイドルを卒業した後は、しっかりと女優として活躍できそうなのか?



「元々、宝塚の大ファンで演劇舞台も大好きな渡辺は、ドラマではなく舞台に挑戦したいと話しているという。ただ、演技力が高いわけではないので、AKB48の肩書が無くなった時に果たして女優としてのオファーが来るのか? 特に舞台は演技力やアドリブも求められるので、卒業後に大失敗をしてしまうことも予想されます」(アイドル雑誌編集談)



 一から出直し、なんてことにならないといいが。



※イメージ画像は、渡辺麻友写真集『知らないうちに』 (講談社 MOOK)