長友、伊代表がW杯出場逃しショック「負けた。ワールドカップに出れない」

長友、伊代表がW杯出場逃しショック「負けた。ワールドカップに出れない」


 現地時間13日に2018年ロシアW杯欧州予選プレーオフ2ndレグの試合が行われ、イタリア代表はスウェーデン代表と対戦し0-0の引き分けに終わった。この結果、2戦合計0-1となったことでイタリアはW杯出場を逃している。試合後、日本代表DF長友佑都がイタリア代表について言及した。

 イタリアにとっては1958年スウェーデン大会以来、60年ぶりの予選敗退だ。長友は自身のツイッターを通じて「イタリア負けた。ワールドカップに出れない。ショック…。」とつぶやいている。イタリアがW杯出場を逃したことは、あまりにも大きい出来事だと言えるだろう。