女性に「おヘソ見せて」「触らせて」10年続けたへそフェチ男、ついに投獄か(米)

女性に「おヘソ見せて」「触らせて」10年続けたへそフェチ男、ついに投獄か(米)

州メディアの『WJW』『Fox 8』などが伝えたところによれば、男はオハイオ州サミット郡ストー市のグレイグ・バリアー(29)。同市の大学などに出かけては若い女性に接近し、「大学の社交クラブ(男性はフラタニティー)に参加するにあたって課せられた試練なんだ。協力をお願いできるかな。おヘソを触わらせてほしいんだけど」などと声をかけていた。バリアーはこうした行為を10年にわたり繰り返しており、このたび再逮捕・追訴となった次第である。


8日、サミット郡民事訴訟裁判所にて容疑内容はすべて事実であると認め、有罪答弁を済ませたバリアー。現在は同市の公園に単身で足を踏み入れること、そしてケント州立大学やアクロン大学の敷地内に入ることを禁じられているのみである。しかしバリアーは2012年にも逮捕されたことがあり、保護観察処分となっていた中での再犯であった。このことから郡検事局長のブラッド・ゲスナー氏は「執行猶予処分の何たるやをまったく理解せず、反省もないバリアーは違反行為を多々繰り返してきた。その分刑罰は重くなる」と述べている。


ところがこれに“待った”をかけたのがバリアーの弁護士であった。裁判所に対して「バリアー氏は自閉症が強く疑われるため専門機関の診療を受けるべきだ」と訴えている。一方で検察側は「過去には発達障害が疑われて特別支援学級の授業に参加したこともあるようだが、バリアーは自閉症には該当しない」と反論。もはや投獄がふさわしいとして強固な姿勢を崩していない。


2月の判決に早くも注目が集まっているが、中にはこんな事例があったことも分かっている。バリアーは今年7月、ストー市にあるシルバー・スプリングス・パークという公園の自転車用トレイルで女性に近づき、またしても「社交クラブ加入のため課題に協力を」と言ってヘソを触らせてほしいと懇願。「イヤと答えたらどうするの?」と聞かれると「他の女の人にお願いしてみる」と答えたといい、彼女はシャツを持ち上げて腹部を出すと1分ちょっとヘソを触らせてあげたという。こんな親切な女性が存在することもバリアーの悪癖を助長させてしまった可能性があるようだ。


画像は『Fox 8 2017年11月9日付「Man accused of touching strangers’ belly buttons banned from some local college campuses」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)