藤田恵名 沖縄で弾けたFカップ”エナメル”ボディにメロメロ

藤田恵名 沖縄で弾けたFカップ”エナメル”ボディにメロメロ

今一番脱げるシンガーソングライター”エナメル”こと藤田恵名が11月15日発売の「近代麻雀」(竹書房)の表紙と巻頭グラビアが掲載されている。


藤田恵名はシンガーソングライターでありグラビアアイドルでもあることから、その特徴を生かし、ライブでは水着で迫力の歌を披露している。

8月にリリースしたアルバム『強めの心臓』では大胆なジャケット写真で話題にもなり、今も好調を維持している。



藤田は実は麻雀好き。普段からよく麻雀をしていて、店舗にもゲストとして呼ばれてもいる。撮影では、「沖縄は小学生の時の家族旅行以来だったので、仕事で来れるようになったんだなぁ。と思いました。」「今はショートカットになっているので髪が長い私の見納めかなぁ。とおもいます。」とコメント。表紙はオレンジの小さめビキニで、ファン垂涎のむっちり”すべ肌エナメルボディ”を披露している。


さらに自身のTwitterでは「麻雀大好きで行きつけの雀荘で愛読していた雑誌の表紙に載れるなんて夢見たいです!麻雀師匠であるガー子さんが一番喜んでるかもしれません😂アンケート是非書いてください!よろしく大三元」とコメント。ファンも喜びのレスを書き込んでいる。


これからもますます”エナメル”から目が離せない。