小林聡美&大島優子、新ドラマで9変化!9役への挑戦を語る

小林聡美&大島優子、新ドラマで9変化!9役への挑戦を語る

11月20日(月)よりWOWOWプライムにて「WOWOW×Hulu共同製作ドラマ『コートダジュールN°10』」の放送が始まる。


本作は、小林聡美と大島優子が1話ごとに異なるキャラクターを演じ、毎回異なるゲストと共に物語を織り成す30分×9話のオリジナルストーリー。


WOWOW版は全5話で、11月20日(月)より放送スタート(※第1話無料放送)、Hulu版は全4話で11月28日(火)より配信をスタートする。


すでに撮影を終えた小林と大島にインタビューを行い、互いの印象や役への思いなど語ってもらった。


■ “9つの役”を演じる楽しさ・難しさ


――本作では毎回違う役を違う話で演じられていますが、脚本を読まれた感想をお聞かせください。


小林:俳優の魅力の一つが、毎回違う役柄になれることだと思っているんですけど、ほぼ2日間ごと(1話を2日で撮影)で違う役になれるのは大変そうだけど楽しそうだなという気持ちの方が大きかったですね。


大島:私は飽きっぽいところがあって(笑)。だけど、この作品は毎回話が違って、毎回違う9つのキャラクターを演じるので、それはすごく性格に合っているなと思いました。楽しかったですね。


――9つ役を演じていて、他の役が自分の中で混ざったりすることはなかったんですか?


小林:混ざるということはなかったですね。


大島:なかったですね。


小林:物語自体がそれぞれ独特の雰囲気が満載なので、同じような話だったら、ちょっとややこしかったりするかもしれないんですけど、全く話が違うので、せりふを覚えてさえいけばすっとその世界に入れるという感じでした。


大島:そうですね。


――話が全く違うものだからこそ、役の切り替えは特に意識されず…?


小林:そうですね。


大島:特に切り替えは意識しませんでした。「ちゃんと一つの役のこのせりふを覚える!」ってなったら覚えて、次にいっていました。ただせりふの量が多くて覚えるということの方が苦戦していましたね。


――やはり今回せりふはかなり大変でしたか?


小林:それぞれの脚本の個性が出ていたりするんですけど、覚えやすい話はすんなり覚えられたし、本当に覚えられない話は本当に覚えられなくて…(笑)。


大島:それがどうしてなのかはっきりとは分からないですけど。でも「せりふ全部覚えられましたか? 私まだで…」て(小林さんに)言ったら、「そうなのよ」ということがありましたね。


小林:全然覚えられない(笑)。


大島:ありましたね。


――そういうときはどうやって乗り越えるんですか?


小林:何回も何回も練習しましたよ。


大島:覚えるしかない。


小林:練習あるのみです。


■ 小林聡美・大島優子からみた“9つの役”とは


――9つの役の中で、ご自身と似ている役はいますか?


小林:みんなそれぞれ自分の中にある一部分から出てきたものだと思うので、それぞれ自分の中のひとかけらのような気がしますね。


大島:私は「センチメンタルジャーニー」のまり。結構突拍子もない唐突なことを一人で、わーって喋っているんですよ。こういう人いるなあと思っていたんですけど…待てよ、これって小林聡美さんから見ている大島優子かなって思いました(笑)。


小林:あははは(笑)。


大島:あとから「自分ってこれだ!」って(笑)。


――小林さんもそのように少し思われましたか?


小林:ここまでは激しくはないけど、そうですね…(笑)。


大島:(笑)そうですよね、たぶんそうだろうなと思いました。ああこう見えていたんだなと自分を知りましたね。


――逆に憧れるような生き方をしている人物はいますか?


大島:「しののめ」の千穂ですね。自分で小料理屋さんをちょっとやってみたいなと思いました。


小林:私は自分とは全く逆という意味で、「白鳥ダンスアカデミー」の踊りの先生。ダンスする人たちって自分の体つきや見せ方とかを研究し続けているんですよね。そういう自分の良いところも悪いところも受け止めて、自分を表現する強さって私にはない部分なのですごいなと思いましたね。


■ 個性豊かなゲストも見どころの一つ!


――ゲストの方々もとても豪華ですが、印象に残っている方はいらっしゃいますか?


小林:初めて共演させていただいた方たちはすごく新鮮でしたね。宮藤官九郎さんとか柄本時生君とかは初めて共演したのでいい意味でざわっとしながら、現場でお芝居させてもらいました。


――大島さんは?


大島:私はほとんどの方が初めてでした。なので毎回皆さんがどういう気持ちでくるんだろうと思っていたら、皆さん緊張されるんですよ。


小林:そりゃそうですよ。自分が逆だったら緊張するもん。


大島:なので私としては小林さんと一緒にゲストの方に楽しんでいただくというのを前提としてやらせていただきました。


――以前から共演してみたかった方はいましたか?


大島:宮藤官九郎さんです。中学、高校生の頃にドラマとか作品を見ていたりして憧れだったので。今回は演出家、脚本家としてではないですが、一緒にお芝居させていただけたことが嬉しかったです。役柄があまりにもナチュラルでびっくりしました!


小林:うんうん。


大島:とってもナチュラルだから、せりふなのかせりふじゃないのか、始まっているのか、始まってないのか分からないくらいでした。


――「ベンチにて」に、もたいまさこさんがご出演されていますが、共演の多い小林さんはいかがでしたか? また、大島さんはお二人と、共演されていかがでしたか?


小林:私、もたいさんとは同じ場面には出ていましたけど、会話自体はそんなにないんですよね。


大島:私が喋ってますね。


小林:すごい喋ってましたよね。


大島:はい。すごい心地良かったですね。で終始神々しかったんですよね、もたいさんが。


小林:発光している感じでしたよね。


大島:(笑)。ずっと撮影の空気がほわ~~~と、ゆっくり穏やかに流れていて。


小林:ほぼもたいさんは寝てる感じでしたよね。そういう役だったので。


大島:お二人の光景には既視感がありましたし「あ! これこれ!」、ここに(自分も)入っているんだ~という感動もありましたね。


■ 大島優子の目標は小林聡美になること!?


――これまでお互いどのような印象を持たれていたのか、また今回共演されて印象が変わったところなどはありますか?


大島:以前映画でお仕事させていただいて、そのときフランクで同じ目線で一緒に会話をしてくださる方だと思ってたんですね。なんていい先輩なんだろうと思っていたんですけど(笑)。


小林:思っていたんですけど(笑)。


大島:今回ご一緒してもっと身を委ねられました。たくさん身を委ねちゃいました(笑)。聡美さんが右に行けば、私もそのままついていくみたいな。


小林:あはは(笑)。


大島:本当に頼りがいがあって、かつ自由に好きにさせてくれて。ちゃんとツッコんだりもしてくれるし、すごく温かく面白く調理してくれて、本当に心の広い先輩です。


小林:最初は映画の共演で、そのときはまだAKB48に所属されていたんですけど、大島さんは全然誰にも緊張せずに、普通に喋れるタイプの人だなと。ガードがいい意味でないから、私もすごくお話ししやすかったです。妙に気を使われ過ぎても話はできないし、偉そうでもこっちがむかついて話さないし(笑)。その距離感がすごく上手というか、元々そういうセンスがある方だなあというのが最初の印象でした。


今回一緒に仕事をさせてもらって、そういうフランクでオープンな感じは変わらず、でも大変なアイドルってところをくぐり抜けてきた芯の強さと、頑張り屋さんな部分が、けなげだし尊敬できるところだなと思いました。一緒に仕事していて、とても気持ちのいいお芝居をさせてもらえる女優さんでした。


――今回のドラマを踏まえ、今後の目標などはございますか?


小林:目標は全然持たないんですけど。頂いた仕事を全力でやって、いつかまたこういう楽しい企画に出合える日まで、真面目にやっていきたいと思います。


大島:職人ですね(笑)。


小林:職人気質(笑)。


大島:私は小林聡美になろうと思いました。


小林:何言ってるんですか(笑)!


大島:思いましたよ本当に! ご一緒させていただいて、すごい心地よくて、憧れます。仕事に対しても、周りの人に対しても、とっても理想な方だなと思いました。


■ ドラマで描かれる変化「明日をつくるのは自分だ」


――改めて、本作は小林さん、大島さんにとってどのような作品になりましたか?


小林:今回は目まぐるしく、いろいろ人が来て去っていくという現場だったので、瞬発力で受け止めて打ち返すみたいな感じでした。まあでも楽しみの方が多かったですね、次はあの人が来るみたいな。


大島:気合を入れて挑むというよりは、今まで組み立ててきたものを、毎回淘汰するやり方を心掛けていたように思えます。


――作品全体に共通して描かれていることや通ずる部分はありますか?


小林:見ていて、決してつらくはならないですよね。


大島:うんうん。


小林:見終わった後に、ちょっと楽しくなったり、ちょっとほっこり温かい気持ちになる感じですね。


大島:台本の最初のページに「明日をつくるのは、自分だ。」と書いてあって、それが全てに共通しているのかなと思いました。キャラクターは各話それぞれ違いますけど、みんな半歩くらい進むというか、晴れるというか、状況が少し変わるんですよ。本当に微妙な変化ですが、その変化の加減が日常的で、人の細胞が動いているのと同じようだなと思いました。