【MLB】イチロー&プホルスの新人王コンビは“歴代2位”「引退5年後に軽々殿堂入り」

【MLB】イチロー&プホルスの新人王コンビは“歴代2位”「引退5年後に軽々殿堂入り」

、歴代の最強“新人王コンビ”は誰と誰なのか。米全国紙「USAトゥデー」は「ルーキーイヤー:アーロン・ジャッジとコーディー・ベリンジャー組は歴代の偉大な新人ペアのどの域に達するのだろうか」と題した特集記事を掲載。


ジャッジ&ベリンジャーが新人王選出、米紙が歴代“同期新人王ランキング”を発表

 2017年のメジャーリーグの新人王には、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手、ドジャースのコディ・ベリンジャー内野手と2人の大砲が選出された。ともに満票での受賞は史上4度目の快挙。本塁打の新人記録を塗り替えた2人だけに、満票も妥当な結果と言えそうだ。

 では、歴代の最強“新人王コンビ”は誰と誰なのか。米全国紙「USAトゥデー」は「ルーキーイヤー:アーロン・ジャッジとコーディー・ベリンジャー組は歴代の偉大な新人ペアのどの域に達するのだろうか」と題した特集記事を掲載。歴代の両リーグ「同期新人王」トップ5を選出しており、2位にともに有資格1年目での米国野球殿堂入りが確実と言われるイチロー外野手(マーリンズからFA)とアルバート・プホルス内野手(現エンゼルス)の“2001年組”が入っている。

 ジャッジは今季、リーグトップの52本塁打に加え、打率.284、114打点をマーク。一方、ベリンジャーは4月下旬のデビューながら39本塁打を放ち、打率.267、97打点を記録。ジャッジはマーク・マグワイアの49本塁打を超えて新人最多記録を打ち立て、ベリンジャーはナ・リーグ新人本塁打記録を塗り替えた。

 まさにルーキーが歴史的な活躍を見せた1年となったが、記事では「この2人の新人ペアは過去の新人ペアのどこにランクインすることになるのだろうか」と言及。「新人王は卓越した選手を予言する。そこで、私たちは歴代の5組の偉大な新人ペアを紹介する」として、過去の「同期新人王」コンビのトップ5を選出している。

イチロー&プホルスは「今世紀最も偉大な右と左の打者」

 1位は、1967年、通算311勝のトム・シーバー(NL)&通算3053安打のロッド・カルー(AL)という殿堂入りコンビ。そして、今季も現役としてプレーした2人が2位に入っている。2001年デビューのイチロー(当時マリナーズ)とプホルス(当時カージナルス)だ。寸評では「間違いなく、今世紀最も偉大な右と左の打者としてプホルスとイチローが即座に挙がるだろう」として、以下のように称賛している。

「スズキはア・リーグで2人目のルーキーシーズンにMVPを獲得した選手であり、同時に、プホルスは37本塁打130打点でシーズンを終え、ナ・リーグのMVP投票で4位となった。スズキはNPBでキャリアを重ね、27歳にデビューした。にもかかわらずメジャー3080安打まで到達した。その間、プホルスは611本塁打を放った。どちらも引退から5年後にはクーパーズタウン入りを軽々と果たすだろう」

 メジャーでは、引退から5年後に野球殿堂入りの資格が発生するが、1年目の投票での選出は球史に残るスーパースターの証とされている。イチローとプホルスは、ともにこれが確実と言われている。

 なお、ランキングでは3位が1956年のフランク・ロビンソン&ルイス・アパリシオ、4位が1977年のアンドレ・ドーソン&エディ・マレーと続き、5位は2012年のブライス・ハーパー&マイク・トラウトと、現在のメジャーを牽引する若きスーパースターコンビが入った。

 新人記録を塗り替えたジャッジとベリンジャーは、偉大な先輩たちを越える選手になれるのか。来年以降の活躍にも期待がかかる。(Full-Count編集部)