川島永嗣、失点シーンを振り返り「1本で決定的な仕事ができるところが本当の差」

川島永嗣、失点シーンを振り返り「1本で決定的な仕事ができるところが本当の差」


【日本 0-1 ベルギー 国際親善試合】

 日本代表は現地時間14日、国際親善試合でベルギー代表と対戦し0-1で敗れた。

 川島永嗣は何度か好セーブを披露したが、隙を見逃さない相手に守備網を破られ失点した。「みんなにとって悔しい結果」と振り返る守護神は、「ブラジル戦とは違った気持ちで」ベルギーとの一戦に臨んだという。

「ブラジル戦っていうのは自分たちの立ち位置を知る意味で、そっちの意味合いが大きい試合だったと思う。今日の試合は自分たちも勝ちに行った試合だったし、結果を求めた試合だったので、この結果っていうのは悔しい気持ちしか残らない」

 72分の失点シーンでは、ドリブルで打開してくるナセル・シャドリに誰も対応できず、最後はロメル・ルカクにネットを揺らされた。川島は「トッププレーヤーといい選手の差」と表現する。

「世界クラスの選手とやる時に、例えば90分間、何もなくてもああいう1本で決定的な仕事ができるっていうところが本当の差だと思う。そのちょっとした差っていうのを自分たちがどう感じるか。自分自身ももっと成長していかなきゃいけないし、そういうシーンが出てきても最後まで耐えられるようになっていかなければいけないのかなと」

 ブラジル、ベルギーという強豪と対戦した欧州遠征は2戦2敗に終わった。結果は残せなかったが、手ぶらで帰るわけではない。「この2試合はどういう風に自分たちが戦っていけばいいのかっていうのを感じられる、本当にいい機会だったと思う」と川島。そして「結果は残念ですけど、僕たちにとってはいい2試合だったんじゃないか」と前向きに捉えた。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)