足を外され廃棄寸前だった10円ゲーム機 それを見た時、少年の人生は決まった

足を外され廃棄寸前だった10円ゲーム機 それを見た時、少年の人生は決まった

毎週月曜あさ5時~6時・火曜~金曜あさ4時30分~6時に放送しているニッポン放送『上柳昌彦 あさぼらけ』で放送中の朗読コーナー『あけの語りびと』。



その中から、『駄菓子屋ゲーム博物館』のお話をご紹介します。




朗読は、radikoからもお聴きいただけます。






久々の再会に胸躍る方も多いのではないでしょうか!(駄菓子屋ゲーム博物館HPより)




博物館は、お好きですか?ひと口に博物館といいましても、都内だけでも実にいろんなものがあります。豊島区目白の「切手の博物館」、文京区根津にある「大名時計博物館」、渋谷区代々木の「刀剣博物館」、大田区南久が原の「昭和のくらし博物館」、中央区日本橋の「凧の博物館」…まだ、言いますか? もう、いい?



さて、今日ご紹介するのは、 都営三田線板橋本町駅から歩いて5分。板橋イナリ通り商店街にある博物館で、その名も『駄菓子屋ゲーム博物館』!40代から50代の人なら遊んだ覚えがあるでしょう。





年季の入った賞品券 まるでタイムスリップしたように時代を感じます(駄菓子屋ゲーム博物館HPより





よく駄菓子屋さんの店先に置いてあった10円玉で遊べるゲーム機です。10円玉か10円分のメダルを入れて、ゴールすると当たり券が出て来る!その当たり券を好きな駄菓子と交換する。学校が休みの日は、10円玉を握りしめた子どもたちの行列ができたものです。


そう言えば今の子どもたちに、握りしめた10円玉が温かくなるという感覚が分かるんでしょうかね?


さて、この『駄菓子屋ゲーム博物館』には、いろんな種類のゲーム機が、ズラリと57台!「出していないものが60台以上ありますから、合わせて120台ですね」と、やや誇らしげに言うのは、館長の岸昭仁さん、49歳。




すべては、岸さんが個人的に集めたコレクションだといいます。元はソフトウェアのエンジニアだった方で、電子回路を使ったゲーム機の修理も、お手のものだそうですから、何とも頼もしい。




「高度なテクニックが必要なもの、運だめしのようなものと様々ですが、誰にでも遊べるので楽しいですよ」





さて、岸さんと駄菓子屋ゲーム機の出会いは、岸さんが、小学校5年生の時までさかのぼります。そのゲーム機は、駄菓子屋さんではなく米屋さんの前に放置されていました。足をハズされ裏側にされ横倒しになった何ともみじめな姿…。




昭和50年代頃、10円玉ゲーム機は親子連れの客をターゲットに、米屋さん、肉屋さん、スーパーマーケットの前にも、よく置かれていました。役目を終えて廃棄されようとしているゲーム機を見て、昭仁少年の心は騒いだといいます。




(あれ、捨てちゃうのかなぁ? 欲しいなぁ?おじさんに頼んでみようか?やっぱやめた!ほしいなんて言えない。
でも…欲しい!あれ、おじさんがいなくなった!
あ、来た、どーする?)





心の中でブツブツつぶやきながら、店の前を行ったり来たり…。店の中に入ったり出たり…。それを1時間近くも繰り返したといいます。そして、全身の勇気をふり絞って出した声!



「す、すみません」

「はい、いらっしゃい」

「あ、あのう、おもてのゲーム機、使わないんなら、もらえませんか?」

「いいよ、持ってく?」





どっと体の力が抜けました。
乗って来た自転車の荷台にゲーム機をくくり付け、ペダルを漕いだときのワクワク感、天にも昇る心地を、岸さんは今も忘れないといいます。





懐かしいゲームが今も現役で子どもも大人も楽しませている!嬉しいですね(駄菓子屋ゲーム博物館HPより)





この体験をキッカケに、小学校時代に5台のゲーム機を入手したという岸さん。道端でパチンコ台を拾ったこともあるそうです。中学へ入ってから、この収集癖はますます拍車がかかり、店の人との交渉もうまくいくようになりました。


中古のゲーム機に法外な値段を付けて、ふっかけるような悪い大人はいなかったのか?「そんな人はいませんでした」というのが、岸さんの答えです。それどころか、リースのゲーム機を、業者が引き取りに来ないから、「持ってっていいよ」という店もあったとか!


パソコンやスマートフォンのゲームでは、息子に歯が立たないお父さんも10円玉ゲーム機の前では、昔取った杵柄!「そんなに強くハジいちゃダメダメ! そぅーっとやらなきゃ」と、面目躍如の面持ち…。変わったオーダーとしては、テレビドラマや映画の小道具として引き合いが多いこと。


10円玉ゲーム機の未来は、まだほんのりと明るいようです。





2017年11月29日(水) 上柳昌彦 あさぼらけ あけの語りびと より
朗読BGM作曲・演奏 森丘ヒロキ




下の画像をクリックすると放送の様子をradikoタイムフリーでお聞きいただけます。







※ 画像をクリックしても再生されない人はこちら。




※ 2017年12月7日 午前5時までお聴きいただけます。

※ ニッポン放送radikoは関東地方でのみ視聴可能です。そのほかの地域の人はエリアフリーをご契約いただくと視聴が可能です。








上柳昌彦 あさぼらけ


毎週月曜 あさ5時〜6時・毎週火曜〜金曜 あさ4時30分〜6時 AM1242 FM93 ニッポン放送にて生放送。『あさぼらけ』朝、ほのぼのと明るくなるころ。この番組では、そんなあさぼらけの時間に、新鮮な情報をたっぷりとお届けしていきます。

上柳昌彦 あさぼらけ 公式サイト