元携帯ショップ店員が解説!スマホ購入前に知っておくべき「量販店・専売店・併売店」のメリット・デメリット[AD]

元携帯ショップ店員が解説!スマホ購入前に知っておくべき「量販店・専売店・併売店」のメリット・デメリット[AD]

 シーズン毎に次々と新作が発売され、人気機種であれば発売前から行列ができることも珍しくないスマートフォン(スマホ)。携帯キャリアにより販売機種や提供サービスが異なる場合も多く、MNP(ナンバーポータビリティ)の普及によってキャリア間の移動に対するハードルは低くなったと言えるだろう。


さらに言えば、スマホを購入できる実店舗にも、大きく分けて「量販店・専売店・併売店」の3つの形態がある。これらの店舗は具体的に何が違い、結局どこで購入すれば損をせずに済むのだろうか。


 


 そこで今回は、元携帯ショップ店員の筆者が、スマホを購入する前に知っておきたい「量販店・専売店・併売店」の違いとメリット・デメリットを紹介する。


 


→今すぐオススメの店舗を知りたい方はこちら


 


店舗の形態とメリット・デメリット


 携帯ショップの店員や業界関係者には当たり前のことながら、一般ユーザーにはあまり知られていない3つの店舗形態。スマホ購入時に損をしないためには、それぞれの特徴とメリット・デメリットを頭に入れておく必要がある。


 


【量販店】



画像:JR新橋駅前


 


 量販店とは、冷蔵庫や電子レンジといった家電やカメラなどを販売する大型店舗のことで、一般的に「家電量販店」と呼ばれる店舗形態のことだ。その他、大型スーパーなどを中核とした流通系量販店もこの分類に含まれる。


 ほぼ全てのキャリアと機種を取り扱っているため、機種変更か新規契約かで迷っている場合や購入する機種が定まっていない場合、量販店に行けば比較検討しやすい。また、大手家電量販店ならではのポイント付加サービスや入荷数の多さもメリットと言えるだろう。


 デメリットとしては、量販店のスタッフではなく各キャリアから派遣されたスタッフが接客することもある為、購入する側の選択の自由度が低くなり、スタッフ側が勧めたいものを勧められる可能性があげられる。また、スマホ購入時に支払う「頭金」の割引と引き換えに、不要なオプションサービスへの加入を強く勧められることも多々ある。


 


【専売店】



画像:イメージ


 


 専売店とは、「○○ショップ」など特定のキャリアの機種だけを専門に取り扱っている店舗のことだ。「キャリアショップ」とも呼ばれ、主要キャリアであれば徒歩や車で気軽に行ける場所に店舗があることが多い。


 メリットとしては、いわば専門店であるため、そのキャリアの機種やサービスを熟知したスタッフが対応してくれることや、アフターサービス全般が対応できることへの安心感が大きい。オリジナルの販促品が貰えることもあるため、キャリアの移動を全く考えていない場合は専売店を選ぶのも良いだろう。


 デメリットとしては、量販店・専売店と比べ、待ち時間が長めなこと。繁忙期はちょっとした用件でも約1時間待つこともある。ショップに対する不満の声の約3割は待ち時間に対する不満になっている。また、待ってでも買うお客様が絶えないので端末に対して値下げする必要性が少なく、本体価格が量販店や併売店に比べて当然割高になる傾向がある。


 


【併売店】



画像:テルルモバイル羽村店


 



 併売店といえば聞き慣れない分類に聞こえるが、これは街でよく見かける「複数のキャリアの機種を取り扱う携帯ショップ」のことだ。基本的に主要キャリアの機種は揃っているため、量販店と同様にキャリアをまたいでの比較検討がしやすく、幅広い機種から選ぶことができる。


 メリットとしては、専売ショップに比べると圧倒的に待ち時間が少ないこと。また、量販店と違い自社のスタッフが接客する為、幅広い提案と購入する側の選択の自由度が高い。


 デメリットとしては、店舗によって提供するサービスに幅がある点や、専売店に比べてアフターサービスの充実度が低い店舗が多い点が挙げられる。しかし、店舗独自のサービスや割引キャンペーンを実施している場合もあるため、スマホ購入前に一度訪れてみると良いだろう。


 


→サービスが充実している併売店は?


 


元携帯ショップ店員おすすめの購入場所は?


 量販店・専売店・併売店ともにメリット・デメリットがあるが、最初に訪れるなら「アクセスの良さ」と「複数キャリアの取り扱い」の両方を兼ね備えた「併売店」が良いだろう。店舗へ出向けば、独自のサービス内容も合わせて確認できる。


 


 基本的にどの併売店でもスマホの価格に大差はないため、最寄りの店舗を選んでもかまわない。


 しかし、できる限りサービスが充実し、スタッフの対応も良く、ある程度名の知れた店に行きたい場合、個人的には「テルル」をおすすめする。


 



画像:テルル中野駅前店


 


 


 テルルは「アフターサービスの充実度が低い」といわれる併売店の中で、スマホ修理や全損・一部破損に備えた補償パック、端末の買い取り、基盤・液晶のコーティング、オリジナルスマホケース作成など、多彩な自社サービスを提供しているのが特長だ。


 修理メニューのバリエーションも豊富で、ガラス交換やバッテリー交換だけでなく、消えたデータの復旧や水没修理など、つい諦めてしまいがちな内容でも相談に乗ってくれる。


 


 また、関東を中心に多数の店舗を展開している併売店のため、知名度が高く、スタッフの教育も行き届いている。「笑顔で相談に乗ってくれる街の携帯屋さん」と言うと、イメージが伝わるだろうか。








画像:テルル公式Instagramより


 


 その他、友達・家族を紹介すればキャッシュバックが得られるクーポン、豪華景品が当たる抽選会など、独自のキャンペーンやイベントも実施している。損をしないためにも、来店前に公式サイトFacebookページの告知をチェックすると良いだろう。


 


テルルの詳細・キャンペーンはこちら



 


提供:株式会社ピーアップ