「ねこあつめ」がニードルフェルトになりました♪ 手乗りサイズのかわいいニャンコができるはずだけど…?

「ねこあつめ」がニードルフェルトになりました♪ 手乗りサイズのかわいいニャンコができるはずだけど…?

2014年10月にリリースされてから、累計2100万ダウンロードを突破した「ねこあつめ」。猫たちがお庭にやって来るのをただ待つだけという、超癒し系の大人気アプリです。


2018年1月30日、デアゴスティーニ・ジャパンから隔週刊『ニードルフェルトでねこあつめ』が新発売されるそうです。「ねこあつめ」初となるニードルフェルトキットなのですが……。


ニードルフェルトまたは羊毛フェルトといえば、ちょっと気を抜くとハイブリッド・クリーチャーが爆誕してしまうことで知られています。猫を集めていたはずなのに謎の生き物大図鑑ができちゃった! みたいなことにならなければいいのですが……不安。


【「ねこあつめ」がニードルフェルトに!】


隔週刊『ニードルフェルトでねこあつめ』は、毎号付いてくる素材で「ねこあつめ」のキャラクター&グッズを作れるシリーズ。道具も作り方も必要なものはすべてセットになっており、初心者でも気軽にチャレンジできるとのこと。


予定では手乗りサイズのかわいい猫が完成し、作った後はマスコットとして愛でられるようです。なお、ニードルフェルトは、フェルトを特殊な針(ニードル)でつついて好きな形に整えていく手芸の一種です。


このキットでは「アクレーヌ」というアクリル繊維を使って作るそうで、羊毛のニードルフェルトに比べると、刺す回数が少なくてもまとまりやすいのが特徴なんですって。


【毎号1種類のニャンコができる予定!】


毎号、違う種類のニャンコができる予定で、隔週発売の『ニードルフェルトでねこあつめ』を購入してニードルでチクチク……を地道に繰り返していくと、リアル「ねこあつめ」を楽しめるというわけです。


創刊号は「しろねこさん」、2号は「さばとらさん」、3号は「みけさん」と続き、最終的に70号で完結するそうです。


そのうちやって来るであろう「かふぇさん」とか「びすとろさん」とかけっこう難易度高いのではないでしょうか……大丈夫かな。


創刊号は特別価格299円(税込)で、2号以降は通常価格990円(税込)。創刊号~15号を購読すればミニチュアサイズのキャットタワー、2018年3月26日まで定期購読を申し込むとニードルホルダー(極細ニードル2本付き)がもらえるよ! コンプリートする予定のオトメにはうれしい特典ですネ♪


参照元:プレスリリース、デアゴスティーニ・ジャパン

執筆=夢野うさぎ (c)Pouch