新木優子、緊迫の緊縛監禁シーンに「こんなに本格的に縛られるの初めて!」

新木優子、緊迫の緊縛監禁シーンに「こんなに本格的に縛られるの初めて!」

12月8日(金)に、玉森裕太主演の金曜ナイトドラマ「重要参考人探偵」(テレビ朝日系)最終話が放送。その最終話で、主人公・圭(玉森)の元恋人であり、捜査一課刑事の果林(新木優子)が、縛られたまま監禁されるという事態に陥ることが分かった。


20年前に圭の父・要人(大澄賢也)が殺害された事件に関連し、要人は覚醒剤取引の疑惑がかけられていた。一連の案件に警察内部の人間が関わっていたことをつかんだ果林と、上司の登一学(豊原功補)は内密に捜査を開始する。


しかし真相に迫りかけたその時、魔の手が果林に忍び寄り、敵の手に堕ちた果林はロープで縛られ、監禁されてしまう。


手、足、胴など6カ所を縛られ、自由を奪われた果林。その上、口を塞がれ気を失った状態の写真とともに「警察には知らせず、データを持ってビルの屋上に来い」というメッセージが送りつけられてきた圭たちは、果林を助けるため、真犯人を探し始める。


自分のせいで果林を危険な目に遭わせてしまった、と後悔する圭は、無事果林を救い出すことができるのか? そしてすべての事件を裏で糸を引いていた人物とは一体誰なのか、明らかになる。


ちなみにロープで縛られるシーンの撮影に、新木は「こんなに本格的に縛られるの初めて!」と緊迫したシーンの割には楽しそうな様子を見せていたという。本人も思わずワクワク(?)してしまった、注目の“緊縛シーン”に期待が高まる。


■ 最終話(12月8日放送)あらすじ


自分自身の過去について、大きな鍵を握るフリージャーナリストの織居和彦(瀬野和紀)から呼び出された圭。しかし指定された場所へ向かうと、そこには瀕(ひん)死の織居が。「警察には絶対渡すな」と言われ、鍵を渡されるが、織居はそのまま絶命してしまう。


またしても死体の第一発見者となってしまった圭は、これまでにない厳しい状況に…。今度こそ重要参考人として連行されてしまうと考え、その場から逃げ出す決意をする。


警察から追われることになってしまった圭は、斎(小山慶一郎)やシモン(古川雄輝)の助けを借り、事務所に身を隠すことに…。


そんな中、そもそもなぜ死体の第一発見者になってしまうのか。それを知るため、あらためて自分の生い立ちを調べようと動き出す圭。しかし、自分の過去と父親の死に秘められた真実を前に、圭の母・主計(かとうかず子)、古仙淳(西岡徳馬)、吉倉清司(松平健)までも巻き込んだ最大の謎が立ちはだかる!


登一学も、ある不審な事実に気付き、捜査を進めていたが、独自で動いていた果林には魔の手が。


そんな中、圭は自分自身を試される究極の状況に追い込まれてしまう…!(ザテレビジョン)