『三ツ星カラーズ』さっちゃん役・高野麻里佳さんインタビュー│「また明日!」は子どもだからこそ言える素敵な言葉

『三ツ星カラーズ』さっちゃん役・高野麻里佳さんインタビュー│「また明日!」は子どもだからこそ言える素敵な言葉2017年1月より放送開始のTVアニメ『三ツ星カラーズ』。本作は、結衣・さっちゃん・琴葉の小学生3人組による正義の組織「カラーズ」が、平和な上野の平和を守るため日夜(嘘、夕方まで)、街を駆け回る月刊電撃コミック大王で連載中の作品です。




http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1512465970 (【『三ツ星カラーズ』さっちゃん役・高野麻里佳さんインタビュー│「また明日!」は子どもだからこそ言える素敵な言葉】の写真付き記事はこちら)


結衣役に高田憂希さん、さっちゃん役に高野麻里佳さん、琴葉役に日岡なつみさんが決定しており、監督は河村智之氏、制作をSILVER LINK.が担当します。



アニメの放送開始まで2か月を切った本作ですが、この度、さっちゃん役の高野さんにインタビューを敢行! 高野さんが演じるキャラクターや原作漫画の魅力をはじめ、応援番組「天才!カラーズTV」でのエピソード、OP・ED主題歌の収録の感想など、様々なお話を伺いました!

「さっちゃん」はあえて空気を読まないように演じている

――まずは高野さんが演じている「さっちゃん」についてお聞かせください。



高野麻里佳さん(以下、高野):原作ではさっちゃんは空気が読める子なんですけど、アニメではあえて読まないように演じています。物事を全力で楽しんでいるからこその子どもらしさというか、さっちゃんらしさが出ると思っているので。



――演じるうえで特に意識された点や、工夫したことなどありますか?



高野:漫画ではとても勢いがあるキャラクターなんですけど、その勢いの表現がアニメだとまた違っているんです。例えばドラマCDなどでは、自分のタイミングで演じることができますよね。でもアニメでは決まった尺の間で、どう面白く表現するかという難しさがありました。



漫画を読んでいた自分が「面白い」と感じた部分を、どう演じれば伝わるのかを考えています。より面白い作品にしなければいけない、といった使命感がありますね。



――原作コミックを読んだ時は、どういった印象を受けたのでしょう?



高野:私は台本を読んでいる時に「きっとここで面白くなる」と考えたり、先の展開を計算するところがあるんです。でも『三ツ星カラーズ』では、まったく予想できないところで笑ってしまうので、悔しい気持ちもあって(笑)。そう感じてしまうからこそ、「本当に面白い」と他人にオススメできる作品だと思いました。



――そんな原作の中から、お気に入りのエピソードはありますか?



高野:「お宝さがし」の回です(原作第1巻 第3話)。



さっちゃんが「食べられないパンはな~んだ?」と言って「パン! パン!」って連呼しているんですけど、それから「パン」が「パン屋」に、そのまま「パン粉」「うんこ」と連想してしまうんです(笑)。



漫画を読んでる側としては「何故だ!?」って思うんですけど、そんな言葉の流れがさっちゃんの中にあるというのが小学生らしいと思います。同時に、そんな発想があれば毎日楽しいだろうなという羨ましさもありますね(笑)。



――(笑)。ちなみにアフレコも始まっているそうですが、現場の雰囲気はいかがでしょう?



高野:いつも和やかで、ゆったりとした雰囲気です(笑)。他の声優さんたちとの会話は役者としても勉強になりますし、いろんな空気を呼び込めるような空間になっていました。

「天才!カラーズTV」では子どもの頃の喜びを改めて感じられた

――アニメに先駆けて、応援番組「天才!カラーズTV」も放送・配信されました。秘密基地を作ったり駄菓子を食べたり、上野で遊んだりと、様々な企画に挑戦されていましたが、こちらを振り返ってみていかがでしょう?



高野:童心に返るというコンセプトが、最後まで一貫していて『三ツ星カラーズ』らしい番組だったと思います。カラーズの3人のように、何か楽しいことを考えては行動できるのが魅力的だと思っているんです。



「とりあえずやってみたら面白いものができる!」といった、台本にはない楽しさをお届けできたんじゃないかなと思っています。



――そんな「天才!カラーズTV」の中で、お気に入りのエピソードはありますか?



高野:きなこ棒やうんちグミなど、お菓子をたくさん食べた回がありました(笑)。駄菓子って、今でも魅力的なものだと思っていて。今だったら100円と言わず、お札で駄菓子を買えるわけじゃないですか(笑)。



一方で子どもの頃には、「100円で何を買おう?」という楽しみがあったんです。子ども心としてはお札ではなく、100円で悩みたいという気持ちがあるんですよね。この企画では「いくらでも食べていい」と言われた時の、子どもの頃の喜びを改めて感じることができました。



【関連動画】





――他にも「だるまさんがころんだ」など、懐かしい企画が盛りだくさんでした。



高野:野外での遊びも楽しかったですね。めんこなどはやったことがなくて、昔ながらのアナログな遊びは、すごく新鮮で楽しかったです!



【関連動画】





――作品の舞台となっている上野にはどういった印象を受けました?



高野:東京にもこんなにのんびりとした場所があるんだと驚きました。上野は有名な観光地でもあるので、もっと人が多いイメージだったんですけど、過ごしやすい場所でしたね。



観光地をのんびり回れることは、大人になってからの魅力じゃないかと思いました。



【関連動画】





OP・ED曲は、この3人じゃないと歌えなかった

――OP主題歌『カラーズぱわーにおまかせろ!』の収録を終えた感想をお願いします。



高野:朝起きてから、少しずつカラーズの3人が騒がしくなっていく雰囲気を感じられるような曲ですよね。そこから3人が誰かを守ろうとしている、明るくて強い姿を感じられるようになっていて、冒頭から大好きだなって思える曲です。







――お気に入りの歌詞やフレーズがあればお聞かせください。



高野:さっちゃんのパートは気に入っていて、特に「さあこっそりと大胆に」というフレーズが好きです! 大人に気づかれないようにこっそりと、でも自分のやりたいことは大胆に……そういった元気でまっすぐで、明るいパワーワードが多いところが魅力的です。



――子どもらしくストレートで良いフレーズですよね。セリフの掛け合いも多くて。



高野:そうなんですよ。3人で相談しながら「楽しいことしちゃおーっ!」と企てている感じが可愛いらしいなって思います。



――続いてED主題歌『ミラクルカラーズ☆本日も異常ナシ!』の収録を終えた感想を教えてください。



高野:OP主題歌よりもさらに賑やかに、一日の最後の力を全部出し切るつもりで歌わせていただきました。曲の冒頭から「Wow!」という掛け声があるのが本当に元気で可愛くって! いつもは静かな琴葉ちゃんも、ついつい「Wow!」って歌っちゃうくらい、元気な曲なんだと思っています(笑)。







――そんなED主題歌でお気に入りのポイントはありますか?



高野:1番にある「散歩中のチューチューカブリラ」と、「くらえ! エクストラバージンオイル!」というフレーズですね(笑)。



原作に出てきたセリフを、歌として歌えるのがすごく楽くて! ED主題歌なので、皆さんにキメゼリフを毎回聴いていただけることが嬉しいです。



――良い意味でEDらしくない明るい楽曲ですよね。



高野:こんなに賑やかなEDは、たしかに珍しいですよね。“これで終わり”というよりは、“また早く次に会いたい”と思えるような、賑やかな曲になっていると思います。



――しっとりと終わらせないところも、カラーズっぽさを感じました。



高野:「また明日!」という感じですよね(笑)。大人になると友達に毎日会うのは難しくなってきますから、「また明日!」という言葉は子どもだからこそ言える、素敵な言葉だと思います。



――歌詞のなかで印象的なフレーズはありましたか?



高野:「ゲームクリヤー!」や「またピンチの時は呼ぶといい!」といった、作中のセリフが入っているのも、この3人じゃなきゃ歌えない曲といった印象を受けます。私の中で凄くポイントが高いですね(笑)。



――「おつカラーズ」や「いまカラーズ」といったフレーズも登場しました。



高野:「カラーズ」って言葉は汎用性が高いですね……これからはドンドン使っていかないと!(笑)

――(笑)。最後にアニメの放送と、ユニット活動を楽しみにしているファンの皆さんへ一言お願いします。



高野:原作がとても面白い作品なので、アニメでもその雰囲気や空気感を皆さんに届けられるように、役者一同頑張って演じています。



3人ののんびりとした雰囲気に癒されるところが、この作品の大きな魅力の一つだと思っています。今の自分にない童心だったり、また新しいドキドキした気持ちをこの作品で感じてもらえたら幸いです。



私とゆうゆう(高田さん)、なっちゃん(日岡さん)のユニット「カラーズ☆スラッシュ」としても、小学生ならではの気持ちをお届けできるように頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします!



――ありがとうございました!



[インタビュー・編集/鳥谷部宏平 文/島中一郎]



TVアニメ情報

TVアニメ『三ツ星カラーズ』



<イントロダクション>

上野の公園にひっそりと佇むアジト。そこにいるのは3人の小学生の女の子たち――。

そう、彼女たちこそ上野を守る正義の組織「カラーズ」!

結衣、さっちゃん、琴葉の3人は今日も平和な上野の平和を守るため、日夜(嘘、夕方まで)街を駆け回るのである!



<放送情報>

2018年1月より放送予定



<原作>

タイトル:「三ツ星カラーズ」

原作:カツヲ(「月刊コミック電撃大王」連載(毎月27日発売))



<メインキャスト>

結衣:高田憂希

さっちゃん:高野麻里佳

琴葉:日岡なつみ



<メインスタッフ>

監督:河村智之

シリーズ構成:ヤスカワショウゴ

キャラクターデザイン:横田拓己

アニメーション制作:SILVER LINK.



>>http://mitsuboshi-anime.com/ (公式サイト)

>>http://mitsuboshi-anime.com/colorsslash/ (「カラーズ☆スラッシュ」公式サイト)

>>https://twitter.com/3boshi_anime (公式ツイッター(@3boshi_anime))


(C)2017 カツヲ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/三ツ星カラーズ製作委員会