「トップ下なりの良さを」…決意を口にする髙萩洋次郎「全部プレーで示す」

「トップ下なりの良さを」…決意を口にする髙萩洋次郎「全部プレーで示す」「トップ下ならトップ下なりの良さを出す。全部プレーで示したい」。そう淡々と、力強く語るのはMF髙萩洋次郎(FC東京)だ。



 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の元で何度か日本代表に招集されてはいるものの、出場機会を得るまでには至っていない。それだけにEAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会に込める気持ちは大きい。さらに、海外組がいないこともチャンスに繋がると考えているようだ。



「何回か来ているので、雰囲気には慣れています。国内組だけっていうこともあるので、お互いの特徴はよく分かっていますね」



 生き残るためには自分の特徴を出さなくてはいけない。「トップ下である以上、ゴール前でゴールに絡むプレー」をしたい髙萩は自分が目立つことも含めて「プラスアルファでチームが勝つこと」が大事だと考えているようだ。個と組織。両方が結果と結びつかなければ生き残れないと語った。それだけでなく「いい守備はいい攻撃につながる」と自覚する髙萩は、攻撃に自身の能力を出しながら、守備のポジショニングも重要だと考えている。



 最後にヴァイッド・ハリルホジッチ監督からの要求を口にした。「やはりDFとMFとの間でのプレーを期待してくれていました。相手の危険な位置でボールをもらって前を向く。それが僕の仕事です」