口臭の原因にも。うるおいケアでドライマウス(口腔乾燥症)対策

口臭の原因にも。うるおいケアでドライマウス(口腔乾燥症)対策

皆さんの口内の悩みといったら、虫歯や歯周病、口臭などが考えられますよね。しかし、これらすべての原因がもしかしたら「口の渇き」かもしれないのです。一体なぜなのでしょう…。

ドライマウス(口腔乾燥症)の原因とその症状

さまざまな要因から、唾液の分泌が少なくなってしまう状態を「ドライマウス(口腔乾燥症)」と言います。ストレスや加齢による唾液量の減少、特定の疾患や薬の副作用などあらゆる原因が考えられています。ドライマウスが起こると、初めは口臭や口内がネバつくようになり、重症化すると清潔な状態が保てず虫歯や歯周病を引き起こしてしまうこともあります。

ドライマウスには以下のような原因があります。

・ストレスによる唾液分泌量の低下

・加齢による唾液分泌量の低下

・糖尿病、腎不全などの病気

・風邪薬や血圧降下薬など、薬の副作用

・口呼吸

・シェーグレン症候群、自己免疫疾患

・睡眠薬、精神安定剤、一部の抗アレルギー薬の長期服用

引用:ヘルスケア大学

ツボから改善!「唾液分泌マッサージ」

唾液の分泌を促すために、顔周辺にあるツボを刺激するマッサージをご紹介します。唾液の分泌を促進してくれるほか、リラックス効果も期待できるため、仕事で疲れて口が渇いた時にはぜひチャレンジしてみましょう!

耳下腺のマッサージ

上の左右の奥歯のあたり、レモンや梅干しといったすっぱいものをイメージすると唾液が出てくる場所に耳下腺はあります。ここに人差し指を当てながら指全体を使い、やさしく円を描くようにマッサージします。

引用:ヘルスケア大学

口を「使う」ことも唾液分泌の促進に

唾液を分泌させるには、口をよく使うことも重要になります。デスクワークやスマホを操作しているとき、口は長時間閉じていますよね。このような状態では、なかなか唾液を出す機会がないのです。なるべく人とたくさん会話をすること、食事中によく噛むこと、また飴やガムを噛むこともドライマウスの改善に繋がっていきます。もちろん、こまめに水分補給をし、歯磨きを怠らないことにも注意しましょう。

口の中を潤す

こまめな水分補給を心がけましょう。糖分の入っていない飲み物がおすすめです。また、飴をなめたりガムをかむことでも唾液の分泌を促すことができます。

引用:ヘルスケア大学

会話を活発にする

会話の中で笑ったり表情を豊かにすることで表情筋が活発になり、唾液腺が活発になる効果があります。歌ったりすることも効果的です。

引用:ヘルスケア大学

うるおいケアで口内トラブルを回避!

いくらきちんと歯磨きをしていても、口内を清潔に保ってくれる唾液の分泌が少ないと、虫歯や歯周病を引き起こしてしまいます。ドライマウス対策もオーラルケアのひとつです。口をうるおすことを日頃から心がけてみましょう。

しょう。