ヒールで足痩せ!正しいヒールの履き方とは

ヒールで足痩せ!正しいヒールの履き方とは

 

美しい足のためにと痛みをがまんしてヒールを履いていませんか?合わないヒールや間違った歩行により、どのような影響があるのか知っておきましょう。

高すぎるヒールは足痩せに逆効果

高すぎるヒールは骨盤を歪めてしまうこともあるようです。身体のバランスをとりやすい高さで、かかとのしっかりしたヒールがおすすめです。

反り腰の人は骨盤が前に倒れていますが、骨盤が前傾すると脚は自然と内股気味になります。すると、太もものつけねや前側、外側に大きな負荷がかかり、身体のバランスが崩れます。これをカバーするために、本来であれば使う必要のない筋肉が使われ、足が太くなることがあります。一方で、脚痩せには欠かせないお尻や太ももの内側や裏、ふくらはぎの筋肉は上手く使えなくなってしまい、お尻が垂れてきたり、もも裏にセルライトができてしまったり、といったことも起こります。

引用:ヘルスケア大学

足痩せするなら同じヒールを履き続けない

引き締まった美しい足には適度な筋肉も必要です。ヒールはいつも使わない筋肉も鍛えてくれますが、偏りを防ぐためにも何種類か用意しましょう。

ハイヒールはサイズがぴったり合っているものを選びましょう。先端が尖ったものより、丸いものの方が疲れは少なくてすみます。かかとが太めで安定感のある5センチくらいまでのヒールならさほど脚への負担もありません。高さの違うヒールをローテーションで履くと、使う筋肉が変わり、さまざまな筋肉に刺激を与えることができるのでおすすめです。

引用:ヘルスケア大学

歩行を変えて足痩せ効果UP

歩き方にも足痩せに繋がるポイントがあるようです。意識してはじめはゆっくりと歩き、身体がなじむまで続けてみましょう。

・かかとで地面を押して踏み出し、必ずかかとから着地するようにします。かかと、ボシキュウ、ショウシキュウの順番で着地するようにするとヒザや股関節への負担も軽減され内腿の引き締め効果に繋がり骨盤も開きにくくなります。つま先は、まっすぐ前に向けて歩きましょう。

引用:ヘルスケア大学

購入の際の試着はしっかりと

ヒールはバリエーションもデザインも豊富なので、さまざまな形状のものを試して、足に合うヒールを見つけてみてください。安定したよい姿勢をとりやすいかどうか、歩きやすいかどうかも選ぶ時のポイントとして重視してみては如何でしょうか。