手が乾燥するとひび割れの原因に!賢いハンドケア方法を知ろう

手が乾燥するとひび割れの原因に!賢いハンドケア方法を知ろう

手荒れは、一般的に手が乾燥しやすい環境下にいる方が発症しやすい傾向があります。たとえば、皿洗いなどで水を使うことが多い飲食業の方や、食器洗いや風呂掃除などで水を使う機会が多い主婦の方などです。しかし、その他にも乾燥を招く意外な場所があるのです。

手荒れを引き起こす意外な環境

水仕事などの他にも、手の乾燥を引き起こしやすい意外な環境としては、以下のようなものがあります。

例えば、PCのキーボード操作や書類や本などの紙類に多く触れる、衣類を干したり畳んだりと布類を頻繁に扱う、などによっても肌の皮脂膜が奪われ、手荒れを引き起こす原因となります。

また、手荒れの予防にと、ゴム手袋をつけて作業をすると、水や洗剤などによる手荒れを予防できますが、手袋のゴムにかぶれて手荒れを引き起こす場合もあります。

引用:スキンケア大学

ひび割れができてしまったらどうする?

もしひび割れができてしまったら、ひび割れを治すケアに加え、ひび割れてしまった部位を保護するケアも必要です。

ハンドクリームで油分や水分を補うケア、血行促進に働くビタミンEを含む軟膏も有効です。ハンドクリームは保湿成分(尿素やグリセリン)を含むものがオススメです。

ワセリンは、ひび割れた患部を保護したり、油分で蓋をすることで乾燥を防ぐことはできますが、水分を補う効果はないため、使用するときは保湿成分を含むハンドクリームとあわせて使うようにしてください。

引用:スキンケア大学

水に触った後は柔らかいタオルでしっかり水分を拭き取り、その後、ハンドクリームを塗るなどのケアを続けましょう。

予防ケアも忘れずに!

手の乾燥やひび割れを防ぐためには、手が乾燥しやすい環境から手を守ることが大切です。水よりもお湯の方が乾燥を招きやすくなります。手洗い後のアルコール消毒も、肌の水分が奪われてしまう原因になるので注意しましょう。ひび割れが起きてしまってはとても痛いので、日頃からこまめにクリームを塗るなどして、ひび割れを予防していきましょう。